減薬は計画的に

薬のイメージ

パキシルのような抗うつ剤というのは一度使用するとそのまま飲み続けないといけないという訳ではなく、うつ病などの症状が治まるのに合わせて服用量を減らしていき、最終的には何も飲まずとも生活できるようにする必要があります。
しかし、急激に薬を減らしてしまうと離脱症状と呼ばれる症状が現れることがある為、長期的な目で見ながら減薬を行う必要があるのです。

薬を継続して飲んでいくと徐々にうつの症状も治まってくるため、もう飲まなくても問題ないと思ってしまう時が来ます。
その時に急に飲むのを辞めてしまうと酷い離脱症状が出てしまい、再度正常な量服用した際に一気に症状が緩和することにより「もう一生薬を飲まないといけないんだ」という思い込みをしてしまい、薬を辞めたくても離脱症状が起こった時の事を思い出してしまって辞めることができない、強い精神的な依存症になってしまう事があるのです。
その為、もしも減薬を行う際は自分の判断で行わず医師の判断のもと、徐々に服用量や薬の中に含まれる成分量を減らしていき、ゆっくりと減薬を行っていく必用があるのです。

減薬を行うペースは人によって違いますが、薬の服用を始めてから1年ほどかけて徐々に減少させていく人が多くいます。
その為、なかなか減らない薬を見て「やっぱりこの病気は治らないんだ」というネガティブなイメージを持つのではなく、ゆっくりと良くなっているから今は大丈夫、と思っていくようにし、ゆっくりと健康になっていきましょう。